前へ
次へ

税理士という資格について

資格は、それぞれの専門家であり、その分野について豊富な知識であったりさまざまな経験をした人が国などに認定されるもので、その資格を生かして独立をしたり社内で活躍する人が多くいます。税理士は、税の専門家であり、国から無償独占業務が認められています。無償独占とは、その資格を保有していない人は有償はもちろんとして無償であったとしてもその業務をしてはならないというものです。税理士の仕事は、主として法人税や所得税の申告書の作成さらにはその事業に関する消費税の申告書の作成や相続税や贈与税の申告書の作成からそれらの申告書に関連する税務相談などです。古くは個人事務所しかありませんでしたが、近年は法人化が認められ、税理士法人として活動している企業もあります。

top用置換

top用置換2
Page Top